• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学の女子学生らが大学近郊の消防団へ入団

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年8月1日

龍谷大学経営学部の上坂 彩恵(こうさか・さえ)さんら本学学生4名が、龍谷大学深草キャンパス近郊の自治会の運営する砂川消防団へ入団し、地域住民の方々とともに活動しています。
 上坂さんらが入団したのは昨年12月頃で、本学の学園祭である龍谷祭で、消防士の方がブースを出展し、消防団員の募集を行っていたことがきっかけとなりました。
 消防団での活動は、毎月5日と20日に実施する防災の呼びかけを目的とした夜回りと、不定期の日曜日に実施する放水訓練で、地域の方とともに防災や災害発生に備えた取り組みを行っています。
 なお、直近の活動予定は、8月5日(金)の防災を呼びかける夜回りとなります。




1.活動内容
  ・防災の呼びかけを目的とした夜回り(毎月5日、20日に実施)
  ・放水訓練(日曜日※不定期実施)

2.学生コメント
 上坂 彩恵さん(経営学部2年生)
中学時代の消防署での職業体験をきっかけに、消防士を目指しています。
実際に消防団の活動の中で、消防士の方とやりとりしていると、社会の役に立っているという良い面だけではなく、食欲を失うほどの残酷な状況に直面しながらも、力を尽くす消防士に、憧れの気持ちは強くなりました。まずは、消防団での活動を頑張っていきたいです。

  奥村 遊 さん(文学部2年生)
防災の夜回りをメインに活動していますが、火事の時などは、周辺住民の安全確保のために召集されることがあり、責任の重さを感じています。活動場所まで、1時間半かかり、少し遠いですが、この消防団での活動を通じ勉強になることも多く、今後も続けていきたいです。

  北田 智裕さん(法学部2年生)
社会に貢献できることがしたかったため、入団を決意しました。活動の中で、地域の方や消防士の方と繋がりができました。消防団員の方とは、ネットでは知りえない深草ならではの歴史や文化について教わることもあり、プライベートな内容でも気さくに話せる良い関係性を築いています。消防団での活動を通じ、地域の方に感謝されることも多く、その気持ちに応えられるよう、頑張りたいと思います。                                                
  以上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る