• HOME
  • > 最新情報

最新情報

2017年度 第5回 REC BIZ-NET研究会 「機械、構造物の疲労強度改善・評価と新素材利用の新展開」

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年8月24日

 機械や構造物の強度・安全性を担保するには、それらを構成する部材の強度評価・安全性評価に加えて、残留応力測定などを利用した部材の状態評価が重要であります。今日、これら評価技術の進歩は著しく、その利用が進んでいます。
  一方、材料についても軽くて強い新しい複合材料の展開が見られます。
 研究会の前半では、溶接鋼構造物の疲労強度改善の研究状況と、残留応力測定技術と活用事例の紹介を行います。
 後半では、複合材料として期待されている耐熱FRP用ポリイミド樹脂と、その応用例としてのジェットエンジンの圧縮機ブレードの開発事例を紹介致します。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 【日時】2017年10月26日(木)13:30~17:30(受付開始13:00)
 
 【場所】龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
     (大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約 8分)

 【参加費】無料

 【プログラム】
 開会の挨拶(13:30~13:40)
 
 1「溶接鋼構造物の疲労強度改善に向けた研究状況」(13:40~14:30)
  龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 誉田 登

 2「ここまで簡単!誰でもできる残留応力測定~評価技術と活用事例~」(14:30~15:20)
  パルステック工業(株)営業部 山口 真 氏

 < 休 憩 15:20~15:30 >

 3「耐熱FRP用ポリイミド樹脂とRTM成形による複合材ブレード」(15:30~16:20)
  (株)IST 研究開発本部 第二基礎研究 技師 大庭 敬一朗 氏

 4「耐熱FRPを用いたジェットエンジンの圧縮機ブレードの開発」(16:20~17:00)
  龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 辻上 哲也
 
 名刺交換会(17:00~17:30予定)

 主催:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)

 お申し込みはこちら(締切:2017年10月19日(木))

第5回BIZ-NET研究会.pdf(ファイル形式pdf サイズ0KB)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る