Need Help?

Volunteer NPO Center

ボランティア・NPO活動センター

学生スタッフ

センターには、教職員と協働してセンターを運営している学生スタッフが合計70名(2021年4月1日現在)います。

学生スタッフは、個別に地域のボランティア活動へ参加する他、同じ学生の目線に立ってボランティア相談を受けたり、自らのボランティア体験を語ったりすることで、学生がボランティアに関心を持つきっかけを作っています。
また、ボランティア企画やワークショップ、講演会・シンポジウムなどをセンター職員とともに運営したり、センターが主催する研修(キャンパス合同のオリエンテーションワーク、キャンパスごとの研修)やボランティアリーダー育成事業などへ積極的に参加しています。

・件名には、「学生スタッフ参加希望」と記入してください。
・メール本文には、①~④について記入してください。

  • ①学籍番号
  • ②学部、学科(あれば)、回生
  • ③氏名
  • ④質問内容

※センター公式twitterFacebookなども、あわせてご覧ください。

学生スタッフに登録する際は、以下の手順となります。

〈登録まで〉

  • 1)ガイダンスへの参加、ミーティングへの見学など
  • 2)ガイダンス時に配布 または センターHPからダウンロードできる「学生スタッフ登録シート」に記入し、センターへ直接持参するかメールで提出。※直接持参の場合は事前連絡ください。
  • 3)提出後、ボランティアコーディネーターとの面談をおこないます。

〈登録後〉

  • 1)新スタッフ対象のオリエンテーションに参加
  • 2)ボランティア入門講座を受講し、実際にボランティアへ参加 など

学生スタッフに登録しないと、ボランティア活動ができないのですか?

ボランティア活動は、誰もができます。ぜひ、センターへボランティア活動の相談に来てください。地域団体からのボランティア募集やセンターが主催するボランティア企画などの中から、あなたに合ったボランティアを学生スタッフや職員が紹介します。
「学生スタッフ」は、職員と共に、ボランティアをしたいというみなさんと、地域団体をつなぐコーディネーターの役割を担う活動を行っています。

学生スタッフは、学友会サークルや一般同好会なのですか?

クラブ活動や同好会とは異なります。ボランティア・NPO活動センターは大学の一部署で、学生スタッフはセンターの運営に教職員と協働で携わる学生です。
大学が有するセンターの中で活動する学生グループは、他にもキャリアセンターのキャリアサポーターや、入試部のアドミッションサポーターなどがあります。

どのくらいの頻度で活動していますか?

活動の頻度は、学年や時期、自分が何をするかによってさまざまです。主な活動は、

  • 授業の空き時間にシフトを組んでボランティア相談対応(週1~2コマ程度)
  • 班活動(広報、環境整備、渉外など)必要に応じて活動・ミーティングなど
  • ミーティング(学生スタッフ全体で週1回程度・教職員合同で月1回程度)
  • ボランティア企画の運営(企画のメンバーになれば、準備のために随時)
  • 合宿(オリエンテーション・夏休み・春休みの3回)

積極的に活動する人ほど、多くの気づき、学びが得られ、成長を感じることができると思います。

学生スタッフになるのに、会費や活動費用はかかりますか?

会費というものは設けていません。学生スタッフになったからと、一律にかかる費用はありません。
活動にかかる実費は各自の負担となります。しかし、センターの運営に携わるという観点から、内容によってはかかった活動費用の一部をセンターが補助することがあります。

補助の一例として、

  • 学生スタッフは、全員ボランティア保険へ加入しますが、加入にかかる費用については、センターで負担します。
  • 長期休暇を利用した合宿(年2回程度)への参加費用(宿泊費、食費、交通費など)の一部補助があります。合宿場所にもよりますが、これまでの実績として、1回(1泊2日)につき多くても5~6千円程度の自己負担でした。

ボランティア経験がなくても、学生スタッフになれますか?

学生スタッフになるにあたり、ボランティア経験の有無は問いません。学生スタッフの活動をしながら、ボランティア経験を積んでいく学生がほとんどです。
学生スタッフになったらたくさんボランティアをして、そこで感じたことや気づいたこと、ボランティアの魅力などを多くの学生に伝えてください。

他のサークルとの掛け持ちはできますか?

他のサークルとの掛け持ちは可能です。
実際に掛け持ちをしている学生スタッフもいますが、とても忙しい状況になると思われます。
大学生活では、勉強も忙しく、アルバイトなどもやっていくことになると思います。どの程度の時間なら課外活動に時間を割くことが出来るのかをじっくりと考えて掛け持ちをするかを検討してはどうでしょうか?
具体的な相談は、個別で受けますので、気軽に問い合わせてください。

学生スタッフによるボランティア企画では、本学学生がボランティアに関心を持てるような、学生ならではの視点を取り入れて実施しています。

深草キャンパス

瀬田キャンパス