• HOME
  • > 最新情報

最新情報

第6回 REC BIZ-NET研究会「『環境DNA』を用いた生態系調査技術と新しい水環境管理法としての可能性」を開催しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年11月25日

理工学部環境ソリューション工学科 近藤 倫生教授による講演
講演会の様子
ポスター&サンプル展示・交流会の様子

 11月25日(水)、龍谷大学瀬田キャンパスRECホールにて、第6回 REC BIZ-NET研究会「『環境DNA』を用いた生態系調査技術と新しい水環境管理法としての可能性」を開催しました。

 研究会では、以下のとおり、テーマに沿った以下の講演が行われました。

1「生態系モニタリングと環境DNA技術」
龍谷大学 理工学部環境ソリューション工学科 教授 近藤 倫生 氏

2「環境DNAで生物を「見つける」技術:希少生物発見への応用」
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 特命助教 源 利文 氏

3「環境DNAで生物を「量を把握」する技術:最新の研究事例より」
龍谷大学 理工学部環境ソリューション工学科 講師 山中 裕樹 氏

4「環境DNAを利用した「生物多様性モニタリング」への展望」
千葉県立中央博物館 主席研究員/動物学研究科長 宮 正樹 氏

 講演終了後には、講演内容に関するポスターを展示しながら、ポスター&サンプル展示・交流会を行われ、活発な意見交換がなされました。

 RECでは、本研究会にご参加いただきました皆さまとの出会いを大切にして、今後も活動を行ってまいります。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る