• HOME
  • > 最新情報

最新情報

社会学部現代福祉学科開設記念講演会&シンポジウム 「つながる、変える これからの『福祉』のあり方」を開催

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年5月27日

龍谷大学社会学部は、6月4日(土)13:30より、龍谷大学響都ホール校友会館にて、社会学部現代福祉学科開設記念講演会&シンポジウム「つながる、変える これからの『福祉』のあり方」を開催します。
同学部では、2016年4月より「地域福祉学科」と「臨床福祉学科」を統合し、新たに「現代福祉学科」を開設しました。本取り組みは、同学科の開設を記念して開催するもので、記念講演会とシンポジウムを通じて、これからの福祉のあり方について、参加者の皆さまとともに考えていく機会とします。
記念講演では、子どもの貧困対策センター 公益財団法人あすのば 代表理事の小河 光治(おがわ・こうじ)氏をお招きし、「貧困の連鎖を断ち切れ ~子どもに寄り添い、仕組みをつくる~」をテーマにご講演いただきます。また、引き続きおこなわれるシンポジウムでは、「現代福祉学科の挑戦 ~いかに、今の危機をのりこえるか~」をテーマにシンポジストそれぞれの立場から、話題提供をおこないます。


1.日時     2016年6月4日(土)13:30~16:45 (開場13:00)
2.会場     龍谷大学響都ホール校友会館(京都駅八条口 アバンティ9階)
3.定員     300名 ※定員に達した時点で締め切らせていただきます
4.参加費    無料(要事前申込)
5.申込方法   シンポジウムホームページ内 専用申込フォームより申込手続
6.応募締切   2016年5月30日(月)
        シンポジウムホームページ
7.内容  <記念講演会>
         「貧困の連鎖を断ち切れ ~子どもに寄り添い、仕組みをつくる~」
         小河 光治 氏(子どもの貧困対策センター 公益財団法人 あすのば 代表理事)
        <シンポジウム>
         「現代福祉学科の挑戦 ~いかに、今の危機をのりこえるか~」
         シンポジスト
         「福祉専門職を支える ~精神保健福祉士のネットワークづくり~」
          荒田 寛(龍谷大学社会学部教授)
         「学生の力を地域社会へ ~大津市地域福祉計画・活動計画への参画~」
          筒井 のり子(龍谷大学社会学部教授)
         「語らなかった歴史を次世代へ ~ハンセン病と向き合う~」
          砂脇 恵(龍谷大学社会学部講師)
         コーディネーター
          長上 深雪(龍谷大学社会学部教授)

以上

シンポジウムホームページ

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る