障がい学生支援

障がい学生支援

すべての学生が社会参加に向けて主体的に取り組むことを支援するという視点に立ち、学修や学生生活上の困難を改善・克服するために必要な支援をおこなっています。

修学支援の方針

本学における修学支援は、すべての学生に等しく教育機会を提供することを目的とし、学生一人ひとりが学修を円滑に進め、継続していくことができるよう、次のような支援を中心に総合的な取り組みをおこなう。

障がいのある学生への支援について

1.目的
障がいのある学生に対する総合的な支援は、本学の教育目標である人間教育実践の一環として、また国民の権利である教育の機会均等の実現を図るためにおこなうものであり、すべての人の基本的人権を尊重する立場から、障がいのある学生の学ぶ権利を保障するよう学修支援、学生生活支援等を実施するとともに、これを支える人的、物的条件の整備をおこなうことを目的とする。
2.基本的な考え方
1)すべての学生が社会参加に向けて主体的に取り組むことを支援するという視点に立ち、障がいのある学生一人ひとりのニーズを把握し、その持てる力を高め、学生生活や学修上の困難を改善または克服するため、適切な指導及び必要な支援をおこなう。
2)障がいのある学生の人数や状況を把握し、適切かつ効果的な支援をおこなえるよう努める。
3)支援は、障がいのある学生と大学の相互協力によってなされるべきものであり、原則として支援を申し出た学生を対象とする。
3.支援の概要
障がいのある学生は、「学業上の問題」だけでなく、障がいの状況によっては日常生活においての支援も必要としている。一方、大学卒業後に主体的に参加するための支援も必要としている。そのためには、障がいのある学生一人ひとりのニーズを的確に把握し、入学、卒業、就職までを視野に入れた総合的支援をおこなうことが大切であり、支援が場当たり的なものや、個人的な対応にならないよう一貫性のある組織的な対応が必要となる。
支援にあたっては、学修支援、学生生活支援の有機的な連携ができるよう、関係者や関連部署が、支援を必要とする学生の情報を共有する。その際、個人情報の保護に注意することは言うまでもない。

支援を受けたい人へ

障がいの状況に応じて、必要な支援をおこなっています。おもな支援の内容は以下のとおりです。くわしくは、障がい学生支援室・各学部教務課窓口までご相談ください。

視覚障がい学生への支援

  • 点訳教科書の貸与
  • レジュメ等の点訳
  • 試験での対応(定期試験問題の点訳、答案用紙の墨訳、定期試験にかわるレポートおよび卒業論文の墨訳)
  • 教材のデータ化(パソコンで音声ソフトを利用できるよう、教材やレジュメをテキストデータ化する)

聴覚障がい学生への支援

  • ノート・テイカー又はPCテイカーなどによる補助

肢体不自由学生への支援

  • 自家用車通学の許可、駐車スペースの確保
  • 車椅子で使用可能な机の配置
  • エレベーターの鍵(通過階の解除用)の貸与
  • 生活援助(介助者による大学構内での学生生活介助等)<一定の条件が設定されています>

発達障がいのある学生に対する教育支援

  • 当該学生のニーズに応じて協議のうえ合意した支援

その他、心身の機能に障がいのある学生に対する教育支援

  • 協議によって個別に対応します。

教員からの相談にも対応いたします。

支援には、大学が行う支援のほか、国や市町村などの地方公共団体が行う障がい者福祉制度による支援があります。よりよい支援を受けるために、あわせて障がい者福祉制度もご活用ください。その利用方法についても、障がい学生支援室で相談に応じます。

キャリア支援

キャリアセンターで障がい学生のキャリア支援をおこなっていますので、窓口までご相談ください。

支援をしたい人へ

障がい学生支援サポーター(学生サポートスタッフ)募集

各キャンパスに障がいのある学生が在籍しています。講義を中心とした学生生活を過ごすための支援を必要としています。龍谷大学では、障がいのある学生をサポートする学生サポートスタッフ(障がい学生支援サポーター)を募集しています。

支援内容や時間については支援を必要とする学生と相談して決定します。 あなたの講義予定に合わせて可能な時間帯に協力してください。「経験の有無」は問いませんが学部・学年・学科・登録科目・キャンパス・希望分野などを参考にして支援協力をお願いする予定です。一緒に活動していただける仲間を歓迎します。先ずはスタッフ登録をしてください。
支援内容は、相談のうえ決定します。

  • ノートテイク(NT)、代筆、PC(パソコン)通訳
  • 手話通訳
  • 車椅子介助(移動介助)
  • 対面朗読
  • ガイドヘルプ
  • その他

※支援協力者には謝礼が支払われます。

障がい者支援に関する講習会や障がい学生との交流などの案内をします。
参加が可能な時は出席してください。(強制ではありませんが、積極的に参加することを期待します。)
関心のある方、希望される方は、お気軽に障がい学生支援室・学生部・各学部教務課までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る