龍谷大学

龍谷大学ボランティア・NPO活動センター

HOME > 社会連携 > 龍谷大学ボランティア・NPO活動センター > 【報告】2011年度春期 海外体験学習プログラム報告会 終了

【報告】2011年度春期 海外体験学習プログラム報告会 終了

2012年4月25日

報告会での発表の様子
40名以上の方が参加してくださいました
松島センター長より講評

 2012年4月24日(水)17:30~19:00に深草キャンパス21号館401教室で、2011年度春期休暇に実施した春季海外体験学習プログラムの報告会を開催しました。
 プログラムごとの参加学生が現地での体験を通じて学んだことを報告しました。 
 プログラムに参加した学生以外にも、本プログラムに関心を持つ学生・先生方を含め、40名を超える皆さんに参加して頂きました。
 発表内容は下記の通りです。 

1.ネパール連邦民主共和国
  テーマ:「世界の屋根ヒマラヤの国
        環境を守る「バイオガスプラント」支援活動」
   期 間:2012年3月6日(火)~3月13日(火) 8日間
   発表者:丹治 里名(文3)

2.フィリピン共和国
  テーマ:「貧困の中で生きる人々と出会い、向き合う旅」
  期 間:2012年2月23日(木)~3月5日(月) 12日間
  発表者:馬場 眞貴子(国文3)、武林 遼太(国文2)、
      牛丸 靖子(社会3)、庄野 龍眞(文3)、
      菱本 柚香(国文3)、三谷 真満(経済3)、
      庄野 龍眞(文3)

3.タイ王国 
  テーマ:「スマトラ島沖地震大津波から7年 津波被災地の今を訪ねる 津波復興タイ感ツアー」
  期 間:2012年2月17日(金)~25日(土)9日間
  発表者:福田直也(経済3)、佐藤理菜(文2)、瀬川千尋(社会2)、峰松優丞(文2)、藤井美沙子(国文2)


報告会に参加した学生の声
 ・発表を聞いて、それぞれの国に興味がわいた。機会があれば行ってみたい。
 ・新たなことに気づき、考えることができるので、是非 実際現地に行って感じてきてほしい。

一覧ページへ戻る >>

▲このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る