龍谷大学

龍谷大学ボランティア・NPO活動センター

HOME > 社会連携 > 龍谷大学ボランティア・NPO活動センター > 【報告】震災復興支援に関する展示と模擬店を実施!@瀬田龍谷祭

【報告】震災復興支援に関する展示と模擬店を実施!@瀬田龍谷祭

2011年10月31日

募金活動、福島県物産販売会、復興支援ボランティアの様子もスライドで流しました。
たくさんの方が熱心に展示を見てくださり、関心を持ってもらえました。
模擬店でも多くの方に買っていただき、「美味しかった」と好評でした。
1人でも多くの方に買っていただくため、学内を宣伝にまわりました。
 10月29日(土)・30日(日)の瀬田龍谷祭で、センター学生スタッフによる東日本大震災についての展示と模擬店「忘れやんとこ!3.11~わたしたちにも出来ることはあるんやで!~」を実施しました。
 来場者数、販売数などは以下のとおりです。

展 示 <来場者数:1日目130名/2日目55名  合計185名>
 ○内 容: 龍谷大学の復興支援の取り組み紹介
        復興支援ボランティアとして被災地で活動した瀬田キャンパスの学生とのお話会
        各地で行われたさまざまな支援活動やボランティアの紹介    
        募金箱の設置
        閲覧ブースでの情報提供など

模擬店 <販 売 数:1日目200食/2日目170食  合計370食>
 ○内 容: 福島名物「凍天(しみてん)」の販売 ※草餅をドーナツ生地で包み、油で揚げたもの

 1日目は晴天で龍祭全体の来場者も多く、盛況のうちに終了しました。
 一転して2日目は小雨の中、客足も鈍り苦戦しましたが、学生スタッフの頑張りもあって両日で上記の
ような結果となりました。
 今回の利益や募金は、本学が復興支援ボランティアに取り組んだ宮城県石巻市で活動している
石巻復興支援ネットワーク」に全額寄付します。

 11月4日(金)~6日(日)に、深草の龍谷祭でも震災に関する展示や報告会、模擬店を行いますので、ぜひ足を運んでください。 
復興支援ボランティア第3回に参加した米田さんのお話は、次回活動者や現地の様子を知りたい学生にとっても、大変参考になりました。
来場者にセンターの取り組みを学生スタッフが説明しています。
模擬店の前に行列ができることもありました。
利益は、全額被災地支援のために寄付します。

一覧ページへ戻る >>

▲このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る